読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyantone’s blog

宝塚歌劇、映画

『シェルブールの雨傘』 (1964)

映画

この映画は、傘屋の娘ジュヌヴィエーヴと工員の青年ギィの恋が、アルジェリア戦争によって引き裂かれ、互いに愛しながらも別々の道を歩くまでを描いた悲恋ミュージカル映画アルジェリア戦争の渦中のフランス。港町シェルブールの雨傘屋の娘ジュヌヴィエーヴは、自動車整備工の恋人ギィと将来を誓い合っていた。しかしギィに召集令状が届き、入隊前夜に初めて一夜を共にした2人は離れ離れに。出征したギィの子供を身ごもりながら帰りを待つジュヌヴィエーヴだが、ギィからほとんど手紙が来ないため不安を募らせる。そんな矢先に裕福な宝石商カサールからプロポーズされ、彼女も少しずつ心を許していき結婚する。それから数年後、ギィは戦争で負傷してフランスに帰還した。だが、雨傘屋にジュヌヴィエーヴはいない。ジュヌヴィエーヴは結婚したと聞いたギィの幼馴染でもあるマドレーヌと結婚し子供を授かる。数年経った1963年のある冬の夜、ジュヌヴィエーヴは、偶然ギィと出会う。2人は短い会話だけして、永遠に別れていく。という物語。

f:id:nyantone:20170124232000j:plain

 

まず、色彩がおしゃれでカトリーヌ・ドヌーヴがお人形のように可愛い。まさにフランス人形である。リボンのヘアアレンジやコートスタイルが素敵で雨の日のデートにこんな上品なスタイリングを真似してみたい。

f:id:nyantone:20170125000002j:plain

 

前回の『ロシュフォールの恋人たち』は「運命」を信じてみたいと思わせる映画だったが、今回の『シェルブールの雨傘』は「運命」や「奇跡」なんてない。「偶然」から愛は育まれるもの。もしかしたら「偶然」こそ「運命」なのだと思う映画である。

 

ジュヌヴィエーヴとギィは互いに「運命の人」と思っていたはず。だが、結果的には「偶然」身近にいた人と愛を育む。

そう、世界中の人間の中で永遠の赤い糸で結ばれている「運命の人」なんかいない。「運命」や「奇跡」ではなく、たまたま「偶然」身近にいた人と愛を育むのだ。

 ギィが自分の子供にジュヌヴィエーヴとの子供につけようと話していた名前をつけていたのは少なくとも子供を授かるときまでジュヌヴィエーヴを愛していたはず。

だが、最後にジュヌヴィエーヴが「あなた幸せ?」と聞くと、ギィは「幸せだ」と答える。今は妻マドレーヌへの愛が生まれたのだろうし、子供を愛しているんだろう。でも、ジュヌヴィエーヴはギィのことをいまだに、愛していて「運命の人」と思っているところを感じると切ない…

だが、ギィが「幸せだ」と答えた時にようやく2人の恋愛は終わったような気がする。

 

何かを得ることは他の何かを捨てることなのだ。ジュヌヴィエーヴはギィを捨てたつもりじゃなかっただろうが、カサールと結婚したということはギィを捨てたということなのだ。どちらを選んでいても良いことと悪いことがある。最後にギィが幸せそうに見えるのもただ「隣の庭は良くみえる」だけなのかもしれない。

 

「愛のために死ねる」なんて映画の中だけ、映画のように上手くはいかない。それが普通の恋愛でその切ない恋愛は儚くも美しいのだ。

 


Les parapluies de Cherbourg: "Mon amour, je t'attendrai toute ma vie..."

美しくも悲しい素敵な場面。

『ロシュフォールの恋人たち』 (1967)

映画

この映画は、年に一度のお祭りを目前に控える南フランスの町ロシュフォール。双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌは、それぞれ芸術を志しながら、いつかパリに行くことや理想の恋人との運命の出逢いを夢見ていた。そんな彼女たちの母親が営むカフェは、オートバイの曲芸師や画家の水兵など常連客たちで今日も大盛況。そして、いよいよお祭り当日。色々な催しで盛り上がる中、ソランジュとデルフィーヌを中心に様々な恋愛模様が繰り広げられるミュージカル映画

ロシュフォールの町でたくさんの人と出会いがあるが、運命の人とは皆すれ違うばかりだが、最後のロシュフォールからパリに旅立ちの時ようやく出逢うという物語。

f:id:nyantone:20170122145147j:plain

 

まず街、服、物…何から何までがパステルカラーでとにかくおしゃれでかわいい。

そして、やはりフランス人は愛こそが生きる喜び。まさに”愛こそ人生!”なのだ。

映画『紳士は金髪がお好き』"Diamonds Are A Girl's Best Friend"の歌詞の冒頭で

「フランス人は、愛のために喜んで死んでゆくわ 彼らは決闘も喜んでするわ」

とある。映画のようにロマンチックでそれほど愛を大切にする国。

宝塚歌劇フランス革命前から革命前期を舞台にした『ベルサイユのばら』”愛あればこそ”の歌詞に「愛あればこそ生きる喜び 愛ゆえに人は美し」とある。フランス人の愛とはこういうものだろうか…?どちらにしても、フランス人はロマンチックで素敵だなあと思う。

そして、この映画を観て強く思ったのは「運命の人」は、いるのだ。と。

それぞれが「運命の人」を探し、近くにいるのにすれ違い…だけれど、いつか出逢えるのだ。

姉妹の母親のように年月がかかって出逢える人、姉ソランジュのように出逢ってからまた違う形で出逢える人、妹デルフィーヌのようにまだ出逢ったことのない人と出逢える人、水兵のようにようやく理想の人に出逢える人…様々な出逢い方があるが、「運命の人」は、まだ会ったこともない人だったり、会ったことある人だったりする。すれ違おうが、離れてしまおうが、別れてしまおうが、「運命の人」ならば必ず出会えるのだ。会えないならば「運命の人」ではないのだ。 

「西洋占星術では一般に、人は生まれた時の惑星の配置などによってその人生で起きることに決まっている面がある、と考える。よって、将来結ばれることになる異性は人の想いを越えた力によってあらかじめ決められていると考えて、そうした異性を「運命の人」などと表現することがある。」(運命 - Wikipediaより) とある。

「運命の人」を信じるか信じないかは人それぞれだが、「運命の人」を信じてみたいと思わせてくれる幸せな映画だった。

そして、曲がとても素敵。耳なじみがいい心地よい音楽でリズム感もあってお昼に観るといい、ハッピーになれる曲ばかり。

 


Les Soeurs Jumelles

"双子姉妹の歌(chanson des jumelles)" 

おしゃれで曲もとても好きな場面。

 


Michel Legrand - Nous voyageons de ville en ville

"町から町へ(Nous voyageons de ville en ville)"

さらっと歌い踊ってるところがかっこいい。曲も歌も踊りも好き。そしてこの場面にもいる、カフェで働くメイドの子が可愛くて好み。

 


MUSICAL'S- Andy et Solange

"アンディの歌"

子供のように恋に焦がれているところが可愛い。そして踊り、歌の表現力があってさすが。タップがあると嬉しい!

 

この映画はサントラも素敵で、何度も観たいと思うおしゃれでハッピーになれる映画である。

『七年目の浮気』 (1955)

映画

この映画は雑誌社に勤めるリチャードの妻子が、バカンスで家を空けることになった。折り良く、同じアパートの階上に素敵な美人がやってくる。仕事柄、空想癖のある彼は、早速、彼女との浮気を考え始めるが……。恐妻家の中年男が、結婚七年目の浮気心を抱いたことから巻きおこる騒動を描いたコメディ映画。

真面目だけれど何かと妄想が多い中年男リチャード。家には妻と子供はいなく、ひとりきり。ひとりだとお酒、タバコ、女の誘惑に負けてしまいそうになるが、そこをなんとか負けないように我慢するリチャードはなんとも可愛い。だけれど、マリリン・モンロー演じるブロンド美人の魅力は凄い。我慢していたリチャードもマリリン・モンローが現れた途端、その糸が切れたかのように浮気心が生まれ、お酒は飲み、タバコも吸う。

リチャードは浮気しようとするもマリリン・モンローにキスを断られ正気に戻るも、マリリン・モンローが襲われたと言いふらしてるのではないか、今、妻も浮気をしているのではないかとひどすぎる妄想をする。それならこっちもとマリリン・モンローを映画に誘うが結局なにもしないでひどすぎる妄想で家族に会いたくてたまらなくなったリチャードは妻と子供のいるところに向かうという物語。

まず初めに思ったのはそりゃあ、美貌は魅力的で性格は天然でキュートなマリリン・モンローが現れたら全人類の男たちは浮気するだろう。と。

終盤「奥さんはあなたに嫉妬しないの?」聞くと「だれがぼくに嫉妬する。ぼくは平凡な男で中年太りの月給取りだ。夜の9時半にはもう居眠り。そんな男にいい女ができるかもしれないとだれが疑う?美人はみな素通りさ」というリチャードにマリリン・モンローが「そうかしら。美人の気持ちがなぜわかるの。あなたは女性をみくびっているわ。パーティーでよくいるわね。全身バシッと決めた男性。ぼくの魅力に参っただろうって自信たっぷり。女は必ず落ちると信じている。でもそう甘くないわ。部屋のすみで汗をかいて恥ずかしそうにすわっているシャイな笑顔に胸を打たれて、男の本当のやさしさがわかるのよ。女が求めるのはそれよ。わたしはあなたの妻だったらきっと嫉妬で身悶えするわ」と話す。

まさにそうだ。プライドが高くなく、真面目で優しいリチャードはモテる男性だろう。妄想するのも常に妻のことを考えている。考えがオーバーで妄想になるだけで、ちゃんと考えられるとても優しいひと。だから何もしなかったし、できなかったのだ。

そして最後に別れを告げるリチャードにマリリン・モンローは口にキスをする。それを拭こうとするリチャードだったがそれを止めて「奥さんがこのキス痕をとクランベリーソースと間違えたら、うんと叱るのよ」と言いヘレンの嫉妬を煽ろうとする。

マリリン・モンローのこのセリフは、思いやりがあり、リチャードの優しさと魅力を知ったからこそ言える言葉。

最後までマリリン・モンロー演じるブロンド美人は魅力的でだった。

儚く消えてしまう女性はリチャードの中で、永遠に美しいままで記憶に残るだろう。

もしかすると、このめぐり逢いはいつものリチャードの妄想なのかもしれないとも思ったりもする。


The Seven Year Itch-Trailer

 

『ショウほど素敵な商売はない』 (1954)

映画

この映画はショービジネスで生計をたてる一家の波乱の運命と美しい家族愛を年代記形式で描写したミュージカル映画

ショービジネスで生きるドナヒュー一家は母のモリー、父のテレンス、長男のスティーヴ、長女のケイティ、次男のティムの5人家族。生まれた頃からショーをしてきた子供たちは、長男は牧師になりたい、次男はナイトクラブで受付のアルバイトをしながら歌手としてステージに立つマリリン・モンロー演じるヴィッキーに一目惚れをしたり、長女は夜遊びをしたり…ステージは一緒にこなすものの、両親の手を離れ、人生を楽しみ始める。そして、ドナヒュー一家は様々な理由でバラバラになってしまう。

俳優基金の慈善公演が行われ、ドナヒュー一家は最後の公演を行った記念の舞台で再び家族が揃う。そしてヴィッキーも加え"ショウほど素敵な商売はない"でステージを締めくくる。という物語。

 

印象深い場面は、ドナルド・オコーナー演じるティムが歌い踊る”A Man Chases A Girl"のパフォーマンスの場面が素敵だった。

そして、マリリン・モンロー演じるヴィッキーとドナルド・オコーナー演じる次男のティムがすれ違いで喧嘩する場面。ティムにとってショーは家族の援助があり、生まれた時からあったものだろうけど、ヴィッキーにとっては違う。自分で一人で掴んだチャンスに賭けているのだ。今、ティムにとって大事なのは”恋愛”。ヴィッキーにとって大事なのは”仕事”なのだ。個人的には、ティムはもっと心を広くして、ショーをしているもの同士、理解すればいいのにと思うが、ティムからしたらショーごときで一生懸命になるなんて…だろうと思う。そもそもショーに対する情熱が違うから理解できないんだろう。ヴィッキーにしても、恋愛なんていつだってできる、大事なのはショーという恋愛に対する優先順位が低いからティムのことを理解できないんだろう。

価値観の違いは難しい。自分の考え方を相手に押し付けるのではなく、相手のありのままを受け入れることが愛情でもあり、解決策なのではないかと思う。

そして、マリリン・モンローの存在感は凄いし、とにかく可愛い。やっぱりキュート。

”Lazy"のリハーサル場面、マリリン・モンローの電話のセリフも魅力的でうっとりしてしまう。

 


There's No Business Like Show Business - Trailer

このお衣裳可愛いし、マリリン・モンローも可愛い。

 

"Heat Wave" この場面のお衣裳もパフォーマンスも好き。

フィナーレの”ショウほど素敵な商売はない”は見どころであり、感動する素敵な場面。

この映画は華やかで魅せてくれる、まさに”ショウほど素敵な商売はない”と思う映画である。

『紳士は金髪がお好き』 (1953)

映画

この映画はマリリン・モンロー演じるローレライというダイヤモンドやお金持ちに目がないショー・ガールの金髪美人とジェーン・ラッセル演じるドロシーというしっかり者で惚れっぽいローレライのショーの相棒で親友の黒髪美人が”玉の輿”を狙って恋の騒動を繰り広げるミュージカル・コメディ。

”女の幸せはお金”と信じるローレライはお金持ちと聞けば飛びつく女性なのだが、それが嫌みたらしくないのはマリリン・モンローのキュートさがそうさせている。同じ女性であるドロシーまでもが放っておけない守ってあげたくなるまるで子供のような純粋で可愛らしく美人なローレライは男女問わず好きになってしまうだろう。故に純粋だからこそお金持ちやダイヤモンドに何も考えずに飛びつく。

人それぞれ幸せの定義は違うだろうがローレライにとっての幸せはお金。一方、ドロシーにとっての幸せは恋愛。それだけであってローレライがお金持ちに飛びつく、玉の輿を夢見る、だけを切り取れば嫌らしく感じるが、何としてでも幸せを掴んでやるという行動力は尊敬する。

幸せとは夢見るだけでは掴めない。自分で掴もうとしなければ幸せにはなれないことを実感させられる映画である。

そして”Diamonds Are A Girl's Best Friend”がとても好き。

愛のために死ねるフランス人なんかより生きてて高価なジュエリーをくれる人の方が私には好み。キスはいいけど家賃は払えないしお腹だって満たされない、女が歳をとると男は冷たくなり、最後には魅力がなくなる。でもどんなカットでもダイヤモンドはいつまでも輝くからダイヤモンドは女の親友よ。というような歌詞だがこの曲にローレライにとっての幸せはなぜお金(ダイヤモンド)なのかがわかる。なんとなく"女の幸せはお金"と言ってるわけではなくこれを聞けば納得のいく歌詞でメロディーも良く、そして何よりマリリン・モンローが可愛い。


Diamonds Are A girl's Best Friends (紳士は金髪がお好き, Gentlemen Prefer Blondes Theme song)

マリリン・モンローの魅力は愛嬌があり、表情がコロコロ変わるので見ていて飽きないところ、守ってあげたくなる隙があるところ、だけれど強さも持っているところ...など魅力をたくさん持っている素敵な女性だとつくづく思う。

ローレライの役が嫌な女にならないのはマリリン・モンローの魅力があってこそだと。